社員全員が働きやすい環境を作ることにより、社員それぞれがその能力を十分に発揮すること、仕事と家庭生活の両立を実現することを目的として、次の行動計画を策定する。

1.計画期間

2021 年5月1日から 2026年4月30日までの5年間

2.計画内容

目標1:社員の有休取得日数を1人当たり年間10日以上となるよう休暇取得促進をはかる

(対策)

  • 2021年5月~ 社員へのデータ開示、意識づけの徹底
  • 2021年6月~ 管理職へ感化社員の有休取得状況を月1回配信し、取得推進を督励する

目標2:育児・介護休業制度の周知徹底を図る

(対策)

  • 2021年5月~ 育児・介護休業周知のための資料作成
  • 2021年7月~ 社員への意識調査の実施
  • 2021年9月~ 定期的な周知活動の開始

目標3:営業職の女性割合を増加させる 2.8%→5%

(対策)

  • 上記目標1~2の対策実施による環境整備
  • 2021年5月~ 採用活動の積極的な実施により、女性営業職の採用数を増やす
  • 2021年10月~ 公募型ジョブチェンジ制度の応募を実施し営業職への転換を促進する (年一回実施)

目標4:退職社員に対して、育児負担軽減時の再就職のための環境を整備する

(対策)

  • 2021年5月 社員ニーズの把握、検討開始
  • 2021年6月 退職女性向け会報を作成し配信、以後年2回の発信を継続する