地域の絆に感謝し、夢のある未来を願って

Honda Cars 長野中央では、さまざまな社会貢献活動を行っています。
活動の理念や方針、実際の活動内容などをご紹介いたします。

献血活動

医療において欠かすことのできない治療法のひとつである献血。近年、献血者数の減少などで輸血用血液の慢性的な不足が続いています。Honda Cars長野中央では、「車に関わる者として、社会貢献できることはなんだろう?」と考え、小社設立50周年の節目の年に全社をあげて献血活動を開始しました。年2回、東信と北信の2店舗に献血バスを呼び、社員はもちろん、お客様や近隣の方にもお声がけして協力していただき、毎回50名程が参加しています。

ゴミゼロ運動

春・秋の年2回、店舗周辺の道路や歩道、植え込みなどのゴミ拾いを、朝の始業前の1時間ほど、全スタッフが参加して行なっています。
長野県自動車販売店協会の働きかけで始まった活動ですが、地元の皆様に感謝の気持ちを込めて定期的に続けています。「いつもお世話になっている地域がきれいになって、気持ちが良い」と、参加者は回を重ねるごとに充実した気持ちを味わうなど、社員の意識向上のために、これからも続けていきたいと考えています。

森林ボランティア

日本屈指の山岳景勝地である上高地にほど近い松本市奈川地区で、長野県が行なっている里山事業に参加しています。 作業内容は、木が健全に育つように木の間引きをする間伐や、森林整備を円滑に進めるために必要な林道作りなど。春と秋の年2回、県ホンダ会全体で各回約50名が参加し、小社からは休日を利用して毎年20~30名が参加します。参加者は、「いつもの職場を離れて、ボランティアという作業を通し、仲間と一緒に汗を流して作業に打ち込む爽快感がある」など、目に見える形で結果が出てくる達成感を感じながら、自然の中での作業を楽しんでいます。